「自分」と宇宙との調和度 

「奥に本当の自分がいて、
肉体を持った「自分」は、
実は<宇宙・真我>の媒体なんだ」」  
  
さらに、
調和の段階が上がると、

「<宇宙・真我>と「自分」は1つに」

「それは{霊、魂、体}三位一体です」

~足立幸子 あるがままに生きる~  P136 宇宙との調和度〜



あなたの調和度の段階はどのあたりに?

自らの波動をあげるよう、つとめたいものです。。。

「UFO極秘情報の開示」を最高裁でドイツ連邦議会が命じられる!TOCANA誌

「ドイツ・ライプツィヒの最高行政裁判所はドイツ連邦議会に対してUFOに関する極秘書類の公開を命じる判決を下した」

tocana HP

 

 

 
ALIEN investigators hope the release of German government files on historical UFO sightings will be a milestone in their quest for evidence of extra terrestrial life.

首相が発言していた「宇宙人はいます」 ロシア メドヴェージェフ氏

以前の記事ですが、ロシア通信が提供されたものです。(EPA=時事)

 

ロシア首相「宇宙人はいます」

(1:27   ロシア連邦内カルムイク共和国カルムイキア共和国)大統領 「宇宙船に連れて行かれました」)

 

 

「大統領は核兵器の小さなケース(核のボタン)と共に、別の国家機密を持ち歩いています。

それはトップシークレットです。

この地球を訪れた宇宙人達について詳しく述べたものです。

その機密は、ロシアの宇宙人を扱っている特別な機関から提供されます。」

 

 

TVキャスター「どのくらい宇宙人がいるのですか?」

 

「何人いるかについては言えません、人々がパニックになります。」と真顔で話した。

 

首相が発言「宇宙人について」 ロシアのメドヴェージェフ氏 動画

 

他に、

2013年9月27日ホワイトハウス記者会見でのオバマ大統領発言も有名です。

 

 

それでも、真実かどうかのご判断は、あなたさまに委ねられます。。。

 

 

 

contenporary world culture /future 波動の法則 足立育朗氏 書

副題 「宇宙からのメッセージ」

 

肉体存在としての病の本質 第八章

病は本質に気づかせるためのメッセージ

自然の法則摂理を理解すれば
その病がメッセージを送っていることと知れる。
意識を改め調和の方向に意識すれば治る
という。  P215

顕在意識の変換をすることで
本質としての実行により調和がとれてその結果、
健康、長生きになる。  p216

人間の顕在意識が
本質に気づき、
自然の法則にかなった調和のとれる方向に
その意識を変えること。

気づき。

宇宙の存在下として意識することから。。。

目次

第1章 宇宙との調和
第2章 「波動」と現代地球文化
第3章 中性子・陽子・電子の構造と性質
第4章 三つの「意識」と「意志」
第5章 原子核の集合体(EXA PIECO=本質〓(ニアリーイコール)魂)のスタディ
第6章 地球文化の未来―時空間移動(テレポーテーション)を経て
第7章 宇宙の法則と波動
第8章 病気の本質
第9章 これからの生き方について―質問に答えて

出版社からのコメント

真の自然の仕組みに気づくための永遠の入門書。待望の復刊!
著者足立育朗氏が直感として得た宇宙からの報告が、科学的に
正確に、具体的に報告されています。
90年代に起こった、波動ブームの時期に刊行され、多くの読者
を刺激してきた本書ですが、その後、絶版となってしまいまし
た。しかし、時を経てナチュラルスピリットから『波動の法則』
が復刊! 再び蘇る、高波動の情報は生きる全ての人、必見です。
読者に向けて、宇宙からのメッセージを発信。

 

書評・カスタマーレビュー アマゾンサイトへ

追記
p220
今やっていること、やっていたことは、
自分だけのこと
家族のことだけ
あらゆる人のため、
人間のためだけでなくすべての存在のことを考えてやっているのかなと
たえず問いながら行動することは、
自然の法則にかなっているか、と問いかけるということです。
P.224 テレポーテーションは可能です。

呼吸と宇宙とのつながり⇔気

和書から拾い上げたものです。

詳細はアマゾンさまへ
*********************

生命エネルギーである気は、呼吸法によって練られる。

呼吸法でパワーアップ、生命に輝きを!

呼吸法を通じて心身の調和 【藤田霊斎の調和道】
調和道協会

呼吸法は生理的によいだけでなく人に徳を加える 【肥田春充の強健術】
荒波宇吉

どう呼吸するかは人生をどう確かに生きるかということ 【中村天風の心身統一道】
杉山彦一

呼吸法は健康法でもあるが武道でもある 【植芝盛平の合気道】
渡辺信之

*********************

 

「呼吸と宇宙」

でググると多数の方法が導かれます。

 

日本だけでなく、世界他国ともつながっている地球です。

地球も宇宙の一部です。
 

それぞれの言葉違えど、人間の本質は霊体霊魂と言われています。

日本語で言うと、

タマシイ 意識体 気体 気 意志

英語だと

spirit spiritual

soul

 

変わらず、同じです。

 

 

でも

現実の肉体世界では

格差が敷かれ

不自由です。

 

 

この世は緊張を強いられるほど、

呼吸を止めなければならないほど

がんじがらめです。

 

ですので、

苦しいと思ったら

呼吸ができていない状態です。

 

 

ゆーーーーー〜〜〜〜〜〜っくりと。

 

ふか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く

「息」に意識してみること。

 

 

でも、この拙文をお読みの最中でしょうから

背中を丸くして、

PC画面やタブレットやスマートフォンなどのの小さな画面の小さな文字を

息もろくにせずにお読みで見つめておられることでしょう。。。

 

恐れ入ります。

 

画面情報はほどほどに、

宇宙空間を意識して

宇宙のエネルギーをとりいれてください。

 

いえ

宇宙とつながって下さい。

 

宇宙とのつながりを忘れていたことを思い出すことでしょう。。。

 

気づきましょう。

 

 

 

マトリックスと宇宙 The Divine Matrixの「意識」

Divine : 神の、神性の、神にささげた、神聖な、宗教的な、神のような、神々しい、非凡な、すばらしい、すてきな、占う,予知する,予言する; 見抜く,言い当てる.
 

Matrix : 創造母体、基盤、発生源、鋳型、母型

 

唐突ながら、以下。
**********************

20のカギ

1番目のカギ
聖なるマトリックスは、
宇宙がすっぽり収まる入れ物であり、
万物をつなぐ架け橋であり、
私たちが創造したものを映す鏡です。

2番目のカギ
この世界のありとあらゆるものはつながっています。

3番目のカギ
宇宙のフォース:力を利用するには、自分は宇宙とは別個の存在ではなく、
宇宙の一部であると考えなくてはなりません。

4番目のカギ
一度つながれば、それ以降は常につながった状態が保たれます。
その際、物理的につながっているかどうかは関係ありません。

5番目のカギ
何かに意識を向けることは創造することです。意識は創造です!

6番目のカギ
私たちは自分が選んだ変化を起こすのに必要なパワーをすべて持っています!

7番目のカギ
私たちが意識を向けたものが、この世界の現実となります。

8番目のカギ
新しい現実を選ぶ、というだけでは不十分です!

9番目のカギ
感情は聖なるマトリックスに「語りかける」言葉です。あたかも目標を達成し、
祈りが通じたかのように感じるのです。

10番目のカギ
どんな感情でもよいというわけではありません。
創造する感情にはエゴや判断があってはいけません。

11番目のカギ
私たち自身が、自分がこの世界で経験することを選んだ者にならなくてはいけないのです。

12番目のカギ
私たちは現代の物理学の法則に縛られません。

13番目のカギ
ホログラフィックな性質を持つ「もの」は、その各部分が全体を反映しています。

14番目のカギ
宇宙全体を結ぶ意識というホログラムが約束するのは、私たちが祝福や祈りを
捧げた瞬間、相手はそれを受け取っているということです。

15番目のカギ
意識というホログラムをとおして、人生におけるわずかな変化もこの世界のいたるところに
反映されます。

16番目のカギ
意識に変化を「起こす」ために必要な最低人数は、人口の1パーセントの平方根で算出できます。

17番目のカギ
聖なるマトリックスは、私たちの信念が生み出す様々な人間関係を映す鏡です。

18番目のカギ
「ネガティブな」経験の根本原因は、人間なら誰しも抱く三つの恐れのいずれか
その組み合わせに収されます。捨てられるかもしれないという恐れ、自尊心のなさ、信頼の欠如です。

19番目のカギ
私たちの正真正銘の信念は最も親密な人間関係に反映されます。

20番目のカギ
私たちは生きている間にこの世界で経験することを選んだもの、
それ自身にならなくてはいけないのです。

**********************

量子レベルで 私たちが、ありとあらゆるものとつながっているということは、
各々の人生における一見些細な変化は、実は
この世界や宇宙に途方もなく大きな影響を及ぼす可能性があるということです。

距離が離れているもの同士が、瞬時にコミュニケーションをはかることができると、スタンフォード調査研究所の認知科学プログラムの共同創設者であるラッセル・ターグ氏は述べています。

それは、離れている人に対してメッセージを送るというような意味ではなく、
自分の意識と相手の意識がつながっているということです。

また、
ホログラムとは、表面のどの部分を取り出しても、もとの映像の全体像を見ることができ、
もとの写真をいくつに細分化しようと、どんなに小さくても、その一部からもとの写真の全体像が見ることができるというのです。

まず、小さな宇宙と云われる、私たちの体の中のDNAが、このホログラムの特性を持っています。
(DNAには、体内に宿る神、永遠の存在という意味があります。)
 

量子生物学者のウラジミール・ポポニン博士の「DNAファントム効果」と
題する実験結果からも実証されていますが、
この世界を構成している量子物質である‘光子’は、人間のDNAから影響を受け、
あきらかな反応を示すのです。

他の実験では、体内から取り出されたDNAが、実験参加者の‘感情’に
あたかも体内にあるがごとく反応を示したという驚くべき結果がでています。
 

【 どこからどこまでが人間の身体の範囲であるという、はっきりとした境目はない。 】

私たちは万物とつながっているだけではなく、つながりが生まれるのは、私たちが存在するからだ
ということも証明してみせたのです。

2つの物体が離れた後もなぜつながっているようにふるまうのか、
そこからも、この宇宙のしくみや聖なるマトリックスもがすべて、‘ホログラムの特性’から
成り立っていることがわかります。

もともと物理的に一つの物体だったものを二つに分割した後にみられる結びつきのようです。
 

【 宇宙はビックバンにより誕生したが、ビッグバンが起こるほんの数秒前は、小さなボールほどの
大きさに圧縮されていたと考えられます。 】

聖なるマトリックスは、時間を支配し、私たちの現在の選択と将来の経験との間に連続性を
もたせています。過去・現在・未来は緊密に絡み合っていることを示唆しています。

意識自体がホログラフィックなものと考えられ、
たとえば、
自宅で誰かのために祈りを捧げたとすると、
その祈りはすでに相手のもとに届いているのです。

言い換えれば、
祈りはすでにあらゆる場所に存在するので送る必要がない
ということです。

聖なるマトリックスを自由自在に使うには、正しく認識される‘言語’を話すことが
必要であると述べています。
 

その言語とは、我々が感じる‘感情’というわけです。

ですから、‘祈り’とは、体の中に感情を生みだすこと、つまり
感じること
だと述べています。
 

 

『シークレット』を始めとする多くの法則本が記しているように、

 

【 願いが、すでに実現したかのように感じることです。
そのとき初めて私たちの願いが人生において現実となるのです。 】 と教えています。

(塩田信男医学博士も、大断言というお言葉でお伝えです)

つまり、我々の感情というものは、個人レベルだけでなく、重大且つ大きな責任を背負っているということになります。

 

’The Divine Matrix’の書に戻りますが、こちらでは、
3つに要約される恐れと共に、
‘5つの鏡’として、その存在に気づく順、学ぶ順番に並べ教えてくれています。

1、大切な人との別れ、捨てられるかもしれないという恐れ。
2、自分の存在価値を見いだせないとき。
3、大事なものを手放す不安と信頼が裏切られる不安。

  ↓   ↓   ↓

第一の鏡は、この瞬間を映す。
第二の鏡は、私たちが瞬間に判断したことを映す。
第三の鏡は、私たちが失ったもの、手放したもの、奪われたものを映す。
第四の鏡は、私たちの魂の暗闇を映す。
第五の鏡は、私たちの慈しむという最も偉大な行為を映す。

魂の暗闇・・・とは、その人が一番怖いと思っていることが人生において現実化する時期のことです。

魂の暗闇に中で自分の姿を発見したとき、それはこれから人生の転機を迎える

準備ができたというシグナルだということ。

 

 

新しい世界に飛び込むのは、自分が人生でどうしても手に入れたいと思っているもの。

【 自分でスイッチを入れたからこそ、ここにたどり着くことができたのだということを知れば、少しは
安心できるのではないでしょうか。自覚していようがいまいが私たちは、この先の人生で起こる
ことをしっかりと受け止める用意ができているのです。 】

【 魂の暗闇だと気づかない場合や意味がわからずに経験すると ・・・・・・・ 。 】

 

聖なるマトリックスをとおして、より良い世界をつくるには、自分に何ができるか?

答えは、



想うこと。

つまり、

祈ること。
 



より良い世界になる→なった♪ と

思うこと。

 

私たちは日々宇宙を創造しており、すでに存在するものを増長しているということです。

私たちは自らが創造しているものを経験する主体であるだけでなく、
宇宙を形成するエネルギー
そのもので、一部である存在です。

私たちの本質は意識体であり、
意識は宇宙を構成している「要素」です。

「宇宙さんの教え 口ぐせ」とおきる現実

各人に起きているその現実。その状態、その結果。

仕事、借金、

それぞれの苦悩。

感情

思考

口から出る言葉

口癖

(言霊というワードはつかわれていないが)

前述の

現実はホログラムの世界であり、

マトリックス世界であり

大断言

ということを

この書の筆者様におきた体験をコミカルにまとめられておられた。

あなたも口癖から。

ワタクシも。

いま出るその言葉で現実は作られる。

以下、内容。ーーーーーーーーーーーー

【「口ぐせ」で、人生は本当に変わるのか?
崖っぷち男が、決死の覚悟でやってみた結果……】

見えない世界の力を借りて、なんでもかなうとしたら、
あなたはどんな「願い」をかなえたいですか?

その男の願いは、とてもとても切実でした。

2000万円(しかもそのうち600万円はヤミ金)という多額の借金を背負ってしまった男は、
自殺か自己破産か、はたまたホームレスか……
最悪の選択肢しかない状況に追い込まれていました。

そんな男の前に、モヒカン頭でふわふわ浮いている変な物体が現れます。

彼は「願いをすべて叶えてやるから、覚悟しろ」と言い、「口ぐせを変えろ」と言います。

その変な物体こそ「宇宙さん」。男を怒鳴り散らしながら、
ドS口調で、宇宙の法則と、人生を変える口ぐせを教えます。

藁にもすがる思いの男が、それを日々体得し、繰り返すうち、
ありえない奇跡が次々起きて……。

「宇宙の法則」と、「口ぐせ」は、本当に運命を変えるのか?

破産寸前、八方塞がりの男が、世にいう「スピリチュアル」の教えの数々を
自分の人生で試した結果の、あっと驚く「実話」でつくられた本書。

その「ありえないおもしろさ」、「腑に落ちる説得力」に、
心理学、スピリチュアル、コーチングほか、多方面から絶賛の本書。

宇宙さんが贈る、愛とドSの一大スペクタクル!

【目次】

◎「無理、できない」「やっぱりダメか」、宇宙へのマイナス「オーダー」をやめろ!

◎すべてを紐づける「やった、これでかなったぞ! 」をしつこく言え!

◎「よっしゃ来た! タイムラグ! 」と唱えれば「かなわないかも」に打ち勝てる!

◎「奇跡の“ありがとう”口ぐせ」は1日500回言え!

◎どうしても人の心を動かしたいなら「秘伝のビーム」を眉間に打て!

◎やりたくないことをやるときには「チャリンチャリン」を唱えつづけろ!

ーーーーーーーー

口癖を変えないと、
そのままの現実の状態が続き、
あっという間に
年齢が積み重ね行く。。。。

今スグ変えられる
口からでる
あなたの言葉次第。

宇宙の使者「ドSの宇宙さん」 詳細HPへ

宇宙からの目線で自分を客観視。戦争誘導扇動洗脳

戦争を企んで扇動しているマスコミ情報。

 

 

金で支配された人霊の煽り、

 

金と権力をさらに強いるための手段。

世界支配への戦いを誘導する意図と情報による扇動。

 

 

 

地球に国境線は見えない。宇宙からの目線は我々も航空写真などで既知。

 

72d417cca518c2c370f31e9ba2f3b806_s

(クリエイター:まんだむさまより)

 

 

 

 

国境は支配者の為のもの。。。

 

人民庶民は搾取され束縛されつづける。

 

 

米国のアルバート・パイクAlbert Pikeは,世界征服の計画を設計し,1871年8月15日付けのマッチィーニ宛の手紙で述べた。

『Morals and Dogma of the Ancient and Accepted Scottish Rite of Freemasonry』において、

将来,New World Orderのために3つの世界大戦を準備するつもりだと。

第3次世界大戦では,「我々は無政府主義者と無神論者を解き放し,恐ろしくたくさんな社会的大変動を誘発させる」と。

「大衆集団は,有効利用され,管理されなければならない。統率されるべきである。」と。

http://satehate.exblog.jp/6982937/

 

 

気づき、

意識、

祈り。

 

意識にはエネルギーがある。

祈りも。

 

宇宙の一部としてのあなたの存在とあなたの意識の力、パワーと

宇宙観での果たす使命。

 

エネルギーをどこに向ける。。。。

 

 

 

 

 

自分個人の我欲の為の祈り

宇宙世界万物の為の祈り

家庭規模→日本規模→世界→宇宙規模も

意識は一瞬で到達する。

 

祈りは一瞬でできる。

 

自分の意識を改め続ける。。。