テレパステレパシーとは 高台家の人々映画 話題  

「高台家の人々」森本梢子 が映画されている。

妄想女子とテレパス男子のラブコメという内容。

 

妄想 とは

心の中で思いをもつこと。

その思い描いている様。 像が在る

 

 

テレパシーとは

テレパシーとは、超能力の一種。超感覚的知覚(ESP)に分類される。

漢字表記では「精神感応」など。

テレパスとは

その、 テレパシー能力を持った人をテレパスと呼ぶ。

言語・表情・身振りなどによらずに、心の内容を別の人に伝える能力。

相手の心や思考を読み取ること、または相手の心に自分の思考や想いを伝えることができる。

映画 作品では
人並み外れた妄想を得意とする主人公で
人の心の中を読む特殊能力を持つ家の人々からその妄想力を評価され、
一躍高台家を巡る騒動へと巻き込まれていくという話。

 

 

ESP 超能力  エスパーは、

実は元から人間動物に備わっていた能力ではないのか

直感
動物的勘
第6感

言われてきた。

広告宣伝同様に
洗脳教育されたものではないのかと疑念が浮かぶ。

でも

そんな能力は自分にはない。

ある人にはある。

特に女性は感が勘が優れている。

物質時代から

精神の時代 心の時代
スピリチュアルと言われている今後。

ますます女性の時代に。

宇宙全体感をもって想念すると

その能力はますのか

それとも、その人だけのものなのか。。。

 

映画も

アニメも妖怪ウォッチ、寄生獣ほか

書籍など、

テーマが

見えない世界、スピリチュアル関連のものが

話題になって増えているような。。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です