光酸化劣化老化と宇宙と地球空洞を思ふ夏

光

太陽光が強く高温 日本。

 

光による、

細胞酸化

組織の劣化

老化促進
。。。

 

 

陽射しのない、

涼しい、

地下の世界はいかがなものなのか。。。

 

 

しかし、

すでにネットでは、世界では、ご存知のように

地下世界がある。

 

チベット永遠の書
宇宙より遥かに深く 「シャンバラ」

テオドール イリオン , Theodore Illion , 林 陽

目次

第1部 チベット神秘宇宙への巡礼(光明に導かれて
祝福の聖地へ
霊と迷信に生きる人々
誤った転生信仰
真の瞑想、偽の瞑想
奇跡をおこす聖人たち
不老不死の秘法)
第2部 チベットを覆う暗黒世界(神、魂、死についての対話
悪魔の降霊術
チベットを動かす影の密教宗団
秘伝者の地下都市
死者蘇生の秘術)

 

 

地球空洞

 

 

 

一方で
精神科Dr 自称 魂科医師の伝え。

光の時代がはじまりました

 

宇宙の大いなる意志への気づき目覚め
光としての私たち

 

つまり、

光なるものは、

頭上にも空にも、

地下にも、

それより、

自分たちの内部、本質である魂さえも光、


いうことらしい。

考え様、

意識の持ち様

夏の暑さに対しても気持ちのもちよう、

ということとして、今回は締めくくる。。。

光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です