6月23日も過ぎました。世界金融支配。離脱・パナマ文書・辞職。

予言やらで言われていた6月もだいぶ過ぎました。

昨日の英国離脱騒ぎは金儲けのためのシナリオ通りの仕掛けと行動とみれば、

納得でき、皆全部包括していたのでしょう。

 

経済では、損した人も少なくない相場市場。

ということは

儲けた人がいるということ。

 

それが人数少なければ、かなりの大儲けをしたことに。

 

金融世界は格差を生み出しつづけます。

 

彼らに金で屈服隷属させられます。

 

パナマ文書事件から

金融成功者たちはどんどんと現職を辞職し責任取らず逃げていますね。

キャメロン氏ほか。。

東京都知事も責任は?という現状。

 

シナリオどおり。

 

 

今後も支配者構造はそのまま。

 

次のあて駒は、というところ。

 

地球の彼らの金融支配は続きます。

 

 

彼らは分断させて対立させて、そこから利益を撮ってきた史実。

戦争武器権力利益。

 

【EU離脱】高齢者に怒り、悲痛な声をあげる若者たち なぜ?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-00010000-bfj-int

 

Twitter上では激しく意見が飛び交った。フィナンシャル・タイムズ。要旨。
「悲劇として、労働者。
経済的に見捨てられてEU離脱に投票したのに、雇用や投資が失われて短期的に最も苦しむのは彼ら。
次に若者。上の世代が残した債務に苦しむのに、さらに祖父母や両親らによって、移動の自由が奪われた。
国分断世代分断は、日本でも年齢経済、格差 老害社会問題から年寄り忌避へと同様。

さらに、移民問題では日本は特定国の移民だけ優遇政策浸透。 すでに政経報道各業界に偽日本人が上り詰め、実質支配したと言われる通名問題もある。

差別から、対立させ、戦いを煽り、戦争仕掛けを目論む武器商人と
戦争経済景気復活を狙う権力者為政者達。
自分たちは戦わずに他者、若者を影から指示のみで金で動かし、大金を儲ける狙い。

きな臭い方向に誘導される今年後半。

 

本質の氣づきは各人でなされる。。。

 

 

夏至過ぎましたね

2016年の夏至も過ぎました。

人の狂気や幻覚とか社会不安云々といわれていますが
報道もどうなのでしょう?
事件の信ぴょう性も疑いがあります。

それを配信する意図は注目をあつめること、そして

その不安から何かの行動をさせること。

 

あまり支配するその意図に振り回されないようにしたいものです。

 

 

暦上は今年2016年も後半に向かいます。

日々はあっという間に流れます。

 

自分の内なるものに向き合い、そのからの情報や誘いに振り回されず、

己の使命役割を無心に行動したいものです。

霊とは何?

霊とは何でしょうか。

「霊とは“創造物の中の知的存在”。

宇宙に生息する知的存在であり、物質界の物的諸形態と対照をなしている」

 

 

個的存在としての霊。

 

「人生の苦労は、得てして霊としての不完全さの結果。

「妬むことも羨むことも知らず、貪欲も野心もない人は、

そういう欠点をもつ者が遭遇する苦悶を味わう必要はありません」

 

比較・不平不満・批判・傲慢・欺瞞などを多く持っている人程、苦労を感じる。

それらにとらわれずに生きている人は、苦悶を味合う必要はないと。

すべてにおいて寛大であり、すべてを許し、認め、感謝すること。

そうすれば比較や競争に疲弊苦労することは感じない。

「霊は神の作品で、我々各々の魂は神の子ごときもの。神が造り給うたもの」

スノーデン映画に地底人宇宙人の暴露話があるのか? 

スノーデンの暴露、告発、宇宙人  地底人  デマ 嘘  マントル

彼の暴露の中に、『地底に、人類よりも高度な文明を持つ知的生命体が存在する』という発表があるそうです。

自由の場だったインターネットも規制され工作員が励んでいます。

コントロール下。

庶民は利用されゴイム扱いのままの世の中です。

TV 新聞はいまだに変わりませんし淘汰もされません。。。

 

「インターネット・クロニクル」というニュースサイトに、

「地球のマントルの中に、人類よりも知能の高い種族が存在している」“地底人”存在が記事があります。

Snowden reveals UFO documents after receiving asylum in Venezuela

According to bombshell documents leaked by Snowden, the government has long known UFOs to be a species more advanced than mankind.

According to bombshell documents leaked by Snowden, the government has long known UFOs to be a species more advanced than mankind.

most of the contractors at DARPA are sure that there is a species more intelligent than homo sapiens living in the mantle of the Earth

 

「米国DARPA(国防総省国防高等研究計画局)」の関係者のほとんどが、地球のマントルに”現生人類よりも知的な人類が存在している”ことを確信している。

その人類種は、我々とは全く異なる温度帯で生きて、加速度的に知性を繁栄させ、進化を遂げ、

アメリカ大統領は日々、地底人の活動に関する報告を受けている

と。

スノーデンが目にした文書によると、

アメリカ政府の最高首脳陣たちは、地底発のUFOの存在を認めている。

 

シャンバラ アガルタの世界が、陰謀とか空想ということでなく、実際そうだということが明らかにされた。

日本語でも以前から訳本もでている。。。

映画はどこまで編集されているのか。。。

 

Citizenfour シチズンフォー
スノーデンの暴露

 2016年6月11日 公開

テレパステレパシーとは 高台家の人々映画 話題  

「高台家の人々」森本梢子 が映画されている。

妄想女子とテレパス男子のラブコメという内容。

 

妄想 とは

心の中で思いをもつこと。

その思い描いている様。 像が在る

 

 

テレパシーとは

テレパシーとは、超能力の一種。超感覚的知覚(ESP)に分類される。

漢字表記では「精神感応」など。

テレパスとは

その、 テレパシー能力を持った人をテレパスと呼ぶ。

言語・表情・身振りなどによらずに、心の内容を別の人に伝える能力。

相手の心や思考を読み取ること、または相手の心に自分の思考や想いを伝えることができる。

映画 作品では
人並み外れた妄想を得意とする主人公で
人の心の中を読む特殊能力を持つ家の人々からその妄想力を評価され、
一躍高台家を巡る騒動へと巻き込まれていくという話。

 

 

ESP 超能力  エスパーは、

実は元から人間動物に備わっていた能力ではないのか

直感
動物的勘
第6感

言われてきた。

広告宣伝同様に
洗脳教育されたものではないのかと疑念が浮かぶ。

でも

そんな能力は自分にはない。

ある人にはある。

特に女性は感が勘が優れている。

物質時代から

精神の時代 心の時代
スピリチュアルと言われている今後。

ますます女性の時代に。

宇宙全体感をもって想念すると

その能力はますのか

それとも、その人だけのものなのか。。。

 

映画も

アニメも妖怪ウォッチ、寄生獣ほか

書籍など、

テーマが

見えない世界、スピリチュアル関連のものが

話題になって増えているような。。。