11月14日の夜は満月スーパームーン 。そして地球への影響、地震の可能性と備え。

11月14日の夜

スーパームーンとは「月が一年で最も地球に近づく、満月」。

月が一番大きく明るく見える。

国立天文台によると、

「11月14日は月が20時21分に近地点(地心距離 約35万6千キロメートル)を通過し、南中時刻の少し前の22時52分に満月」になる。

NASAによると、近地点の満月は、遠地点の満月よりも最大で14%大きく見え、30%明るくなるという。

それよりも

人間には感じない

その引力。

月の近づくことによる、地球への影響。。。。

今回ほど地球に近づくのは、1948年1月26日以来約70年ぶり。

その、わずか1日違いの1月25日に、フィリピン・パナイ島近くを震源とするM8.2の地震が発生している。

また、そこまで接近していなくても、

2011年3月11日の東日本大地震の8日後、3月19日にスーパームーン。。。

ネットではすでに、多数のサイトが地震の可能性とその備えを伝えている。。。。

やれることをして、肚を据えておくこと。

次に、これほど地球に近づくのは2034年11月25日。。。

現実は仮想。 この3次元世界、気づいた後どう過ごす?

現実は仮想といわれる言葉文章を見かけるようになりました。

この宇宙が仮想現実である10の根拠

 

 

意識の外の世界が幻。

 

いずれ期限が来てなくなる肉体も。

この3次元世界。

 

 

歴史上、争い競い合い、他人とのせめぎあいの地球の仕組みと存在。

無視できるのなら無関心でいきられるなら、

そちらに関わることなく、

自分の意識に向けたいものです。

 

それはつまり

スピリチュアルなことに関心が向ける過ごし方への

真実 本来のライフスタイルへの移行変化。

 

 

この世界では支配者が仕組んでいる。。。

スポーツ競いあい。
さらには
国境を勝手に線引し、
争い誘導。
社会や個人の争いも。

国境も誰が利益を得るのか、作った人運営管理する人霊の意図企て。

 

陰謀論、

滅亡論、

オカルト、

霊魂、

宗教

哲学、

思想 精神

結局は

行き着くのは宇宙からの愛。

宇宙とのつながり。

宇宙存在の自分。

真実?

宇宙そのものなどまだまだ不明で、進化すら途上である自分達。

 

 

 

個々、皆が違う存在。

人も数だけ真実がある。
地球人が持っている智慧など、宇宙のの智慧のほんの一部。

 

 

 

すでに覚醒しておられ、

気づいているアナタサマなら

ライフスタイルを構築されているでしょう。。。。

そうでないなくても、

争いや

支配に従い命じられて

不可思議と思われているとおり。。。。

 

 

 

この世での今後、

苦しまず、

いまのその肉体で、

楽しく人生を生きることかと思いませんか。。。。