アニミズム、リニア等に対して自然からの復讐、それともわざとかも・・・

日本には古来から、精霊、霊魂、神様が自然の中に宿る
というアニミズムの思想がありました。

八百万の神という、呼び方もあります。

 

animaはラテン語で

霊魂

という意味.

人間のみならず、動植物や無生物にも霊魂が宿っていて、
物体から離れても独立して存在しうるという観念.

 

アニミズム(英語: animism)とは、

動植物のみならず無生物にもそれ自身の霊魂(アニマ)が宿っており,諸現象はその働きによるとする世界観。

19世紀後半、イギリスの人類学者、E・B・タイラーが著書『原始文化』(1871年)で定着させた。 日本語では「汎霊説」、「精霊信仰」「地霊信仰」などと訳されています。

他方、命のない事物をあたかも命や意志があるかのように擬人化して考える傾向を「アニミズム」は、物活論だと、J.ピアジェ (1968)によって提唱されたものもあります。

 

 

 

 

 

例えば、

森林 霊魂 山岳信仰 山の神

日本には他にもいろいろあります。

 

しかし、一方で

山や土地に穴を掘って自然破壊をしているお役人 金を持った輩たち。

 

長野の地下に ビルゲイツの・・・

国際リニアコライダー(International Linear Collider)東北

ご存知の
リニアモーターカー JR

営利 金 支配権力

 

本当に日本の運営管理者は日本人なのかという疑い。。。

 

それよりも、

やっていることは、宇宙からみれば、地球の自然の破壊行為。

そのツケはいずれ来る、

 

自然からの復讐・・・。
 

犠牲になるのはその土地に住まう者たち。。。

それを知りながら、わざと仕組んだことだとしたら。。。。

カルマなるものは存在するのだろうか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です