爬虫類 人間 人類 の現実真実

爬虫類動物 爬虫類人間 爬虫類人類

がいるという

 

参考書として以下が知られている

 

異星人

・序  あなたが信じられなくてもこれが真実なのだ
・1 西洋文明は自然を破壊し人類を滅亡へ導く
・2 日本人だけがなぜ、これほど純情でウブか
・3 太古より地球の支配者は異星人である
・4 宗教は異星人による人間支配の道具だった
・5 世界人間牧場と監獄宗教が完成する日
・おわりに 日本民族皆殺し作戦

    自然・地球破壊を進めている今。

    原発 放射能汚染 山を 地下を掘ってリニアや

    二酸化炭素地下埋入等

    子供の誘拐が途絶えない  犯人が捕まらない

    児相の問題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霊的覚醒

 

 

序章 決断すべき黎明の秋―霊的に覚醒し、「家畜人」「奴隷人間」からの脱却を!
第1章 やって来た火星人―異星人の遺伝子操作で人類は創造されたのか!?
第2章 驚愕の目撃例―「その爬虫類人のことを口にするな!」
第3章 地球を蹂躪する異星人―バビロニアン・ブラザーフッドは歴史にどんな罠を仕掛けたのか?
第4章 神の子なる悪の太陽神たち―秘教の象徴体系を狡猾に操作、人類を精神地獄に
第5章 血の十字架を掲げた征服―「善男善女」の多次元宇宙意識への秘儀参入は断じて許さない!
第6章 浸潤する「黒い貴族」―フェニキア、ヴェネチアそして「英国を完全に支配せよ!」
第7章 跳梁席巻する太陽の騎士団―象徴、儀式、エナジー・グリッド、黒魔術で眩惑する
第8章 一つの顔、さまざまな魔の仮面―宗教と科学を韜晦、「レプティリアン・アジェンダ」は必ず実現させる!
第9章 呪われた自由の大地―コロンブス以前から、ブラザーフッドはアメリカを凌辱してきた
第10章 無から捏造した金―「慈悲深き聖都の騎士団」末裔(ロスチャイルドら)の無慈悲な錬金妖術を剔抉(てっけつ)する
第11章 眩しのグローバル・バビロン―英米ブラザーフッド・エリートは両大戦で世界全支配を完遂へ!
第12章 逆光するブラック・サン―鉤十字の世界支配計画は、今やグローバルに堂々遂行されている!

 

 

     捏造した金で支配され続ける人民

     世界支配計画遂行中

 

 

「世界超黒幕」―現代グローバル国家を操る巨悪の正体

 

第1章 爬虫類人の冷酷な位階網―RIIA、CFR、TC、ビルダーバーググループ、ローマクラブなどの巨悪を暴く!
第2章 高貴なる麻薬の売人ども―イギリス王室・東インド会社・香港上海銀行の悪魔的所業を知れ!
第3章 聖なる〓神強姦殺人儀式―古代バビロン・イルミナティ・悪魔教など黒魔術式拷問は爬虫類人の生命栄養補給源
第4章 恍惚のうちに壊されるアメリカ―小児性愛的倒錯症の前米国大統領、幼児への愛情爆撃・MKU・性的虐待・誘拐…
第5章 「死と破壊」地獄を招く象徴言語―自由の神様、万物を見通す目、不死鳥、五芒星…新世界秩序にようこそ!
第6章 「トカゲ」女王陛下の邪悪な連鎖―黒い貴族の血流は武器、麻薬密売、不正投機…テロ・大量虐殺に手を染める!
第7章 「月の女神」の残酷なる生贄―ダイアナ妃をその美と愛ゆえに、周到かつ黒魔術的に殺害した卑劣な手口を告発!
第8章 「振動仕掛け」呪縛の構造―爬虫類人の人類支配の欺瞞的常套手段は、恐怖と憎悪に共振させると見抜け!
第9章 呪縛牢獄からのさわやかな解放―速くて短い愛の波長は、孤独・暴力のレプティリアン世界を変容一新させる!

 

 

 

 

トンデモ! とは違います

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0 トンデモ本とは違います…!

参考動画 UFO

D・アイクもshapeshifter=変身体でもある、という話もある。。。。。

見えない世界。

 

ただ、

現実の不可思議さに

気づくこと

報じる側の意図洗脳情報ということに

目覚めること。。。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です